エスパルスはシュート率はリーグ上位、危機感を失わせる要因!?

昨日の記事では前線の選手の得点が少ないという点に触れました。

もう少し数値を見ていくと、意外な指標がありました。

「シュート率」
という指標です。

攻撃セットプレー

左サイド攻撃

中央攻撃

右サイド攻撃

ショートカウンター

ロングカウンター

敵陣ポゼッション

自陣ポゼッション

上記8項目で指標が出されているデータです。

少し以外だったのが、エスパルスはシュート率が軒並み高いという点です。

各項目でリーグ上位の数値です。

左サイド攻撃に至っては21.3%でリーグトップのシュート率です。

5回に1回はシュートまで至っている、非常に効率の良い数値が出ています。

もしかしたらこの点が、チームから危機感を奪っているのかもしれません。

攻撃に出られた時には、シュートまで至っているということです。

つまり
「やろうとしていることは出来ている状態」
と言い換えられます。

「そもそも攻撃機会は少ないが、攻撃をした時はシュートまで至っている」
ということです。

当然、母数が少なければ率は上がります。

1回シュートに至っただけで、率の数値は簡単に上がります。

逆に攻めれていないことを如実に表しているデータです。

全ての項目で上位ということは、そういうことですね。

「少ない機会でもシュートまで行けている」
という認識でいるならば、かなり危険な状態と言えるでしょう…。

もっと積極的に攻撃回数を増やさなければ、勝ち点3を取るのは難しいですね。

現時点で、リーグで一番勝利から遠ざかっているチームという現実があります。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする