【レビュー札幌戦】感じたのはプレーの質の違い 相手の退場シーンなど

昨シーズン、ボロボロにやられた札幌に勝利しました。

これで4戦負けなしです。

昨日のゲームで一番に感じたのは
「プレーの精度」
ですね。

1つ1つのプレーの精度が高ければ、得点につながるということです。

まあ、当たり前ですが…。

前半最後のPKにつながったシーンは、精度が良かったから得点につながりました。

その他のシーンでは
「ラストパスの精度」
が悪すぎました。

チャンスにできる場面で力んでいるのか、ミスをしてしまいます。

後半はシュートでも顕著にみられました。

どフリーのシーンでも枠に飛ばせていません。

後半の失点はその流れといえるのかもしれません。

CKから立田が枠に飛ばせず、その後のプレーでファールをしています。

そのFKを直接決められました。

ただ、あのシュートならGKは止めてほしいですね。

直前のステップの切り方が、かなりおかしかったですね。

勝ち点を取るには決定率を上げる必要があります。

そこでの違いは外国籍選手です。

ヘナトのミドルは圧巻でした。

守備でも何度も相手からボールを刈り取り、ミスなくつないでいます。

カルリーニョスのダメ押しは、ザ・ストライカーと呼べるゴールです。

相手を退場に追い込むターンも素晴らしかったですね。

そのシーンにつながったエウシーニョのプレーもすごかったですね。

普通ならクリアする場面を、一度足元に収めて一発でカルリーニョスに通しました。

サイドバックながらシュートをチームトップの7本放っています。

常にボールに触れているという印象です。

J1でもレベルが上のプレーといっても良いでしょう。

かなり質の高いプレーを見せてくれました。

久しぶりに完勝を味わうことができました。

これで4戦負けなしです。

これを続けられると良いですね。

外国籍選手にケガが無ければ、安定するでしょうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする